転職をするときに、自分にはどのくらいの経験があるのか、ということを確認しておくことは必要なことです。特に、あまり勤続年数を重ねずに転職を始める方は、この経験についてはしっかりと考えておく必要があるでしょう。そこで、転職と経験不足、そしてそれをカバーする方法を紹介したいと思います。

 

 転職時に経験が少なくても、それまでの自分を見つめなおすことによって突破口を見出すことは十分可能です。そこでまずは、自分には何が足りていないのか、見つめてみましょう。

 

 特に、これから自分が応募してみたいと考えている会社、あるいは気になっている会社の応募資格と自分を見比べて、何が足りていないのかを知るのです。そして、それを確認した後はより深く掘り下げてみましょう。

 

 こうして深く掘り下げた後には、それと同じような経験などを探してみることが大切です。これまでにそれと同じような経験をしていないか、あるいは技術を持っていないかなど、探してみれば意外とあるものです。最初は思い浮かばないかもしれませんが、これまでの自分をまとめているうちに思い浮かぶこともあるでしょう。

 

【人気サイト】
45歳で転職に挑戦
45歳の転職術知っていますか?

 

マネー:日本経済新聞電子版の資産運用コーナー

 

 転職を少ない経験から成功させるには、このようにこれまでに自分を振り返った上で、新しい技術などを当てはめていくことが重要なのです。難しいかもしれませんが、試してみましょう。