この職場はちょっと違うなと思った時、やはり誰もが転職を考えると思います。違う会社であればもっと自分が頑張れる仕事があるのではないかとか、お給料がもう少しもらえたらやりがいにつながるのではないかなど、良い方への想像はどんどんできます。でも、実際本当にそんな風になれるのか、そういう不安もあって当然です。まだわからない未来のことなど不安にもなるものです。私が転職する際もそういう気持ちになりました。新しい会社でももし同じような悩みで苦しんだらどうしようとか、考えだしたらきりがありませんでした。でも、考えてもきりがないのです。

 

 たとえ似たような悩みがでてきても今度は社会人として初めての職場ではないのです。自分自身わからないうちにいつのまにか成長しているはずです。ですから悩みも初めて感じる悩みにならず、乗り越える術は少し身についているはずです。しかも次は転職です。次は簡単にあきらめたくないと思う気持ちが最初の就職の時より強くなっているかもしれません。だから色々なことで前向きな気持ちになれると思うのです。自分の成長を信じて、また新しい会社で輝ける自分の姿を思う存分想像して、転職活動を頑張るべきだと思います。いつも暗い顔をして会社に行くよりも、納得のいく環境で活躍できる自分でいられる方がよっぽど幸せだと思います。